用日语介绍日本的新年

  • A+

发布时间:2019-12-05 13:17:39

正月 1年の始まりである「正月」は、日本の伝统行事の中でもっとも重要なものです。

もともと正月とは、「正月さま(岁神さま)」を迎える仪式でした。

正月さまは高い山から里に降りてきて、人々に幸福をもたらすと信じられていたのです。

そこで、人々は前年の12月13日の「正月初め」からさまざまな准备と整え、1月1日に正月さまを迎えると、家族そろって岁を取り、お节料理を食べて祝いました。

现代では、仪式よりも会社や学校の长期休暇という面が强まり、実家に帰ったり海外旅行をする人が増えています。

--译文:一年之始的“新年”是日本传统仪式中最重要的节日。
用日语介绍日本的新年
以前,“新年”是迎接“正月神(岁神)”的仪式。

人们相信“正月神”是从高山来到村落,并给那里的人们带来幸福。

因此,人们在每年的12月13日(当天称为“始年”)就开始忙碌的准备迎接1月1日到来的“正月神”,这天,家族成员欢聚一堂,边吃年节菜边辞旧迎新。

但现在,与其说是传统仪式,却有越来越多的人把它看成是公司或学校的长假,在新年期间回老家,或去海外旅行的人正日益增多。

门松/しめ饰り 正月に门に立てる「门松」は、正月の神样「岁神样」のよりしろです。

常绿树の松に神样をお迎えし、家のいやさかを祈るのです。

「しめ饰り」は、いろいろな饰りをつけたお正月用のしめ縄です。

みかんの一种のだいだいを饰るのは「家が代々栄えるよう」、昆布をつけれているのは「家の幸福を祈りよう」という。

しめ縄をはることによって外と内を区别し、外部から入ってくる「けがれ」を断ちます。

门松やしめ縄は12月27日か28日に门や玄关ん饰ります。

年始まわり-- 2日以降、日顷お世话になっている亲戚や仲人、先辈などの家を访问し、昨年のお礼とその年の変わらぬお付き合いをお愿いするのが「年始まわり」です。

かつては、お年始まわりは男性の仕事でしたが、今では夫妇そろって出かけでいく人が多いようです。

--译文:新年时,树立在门前的“门松”是让正月神“岁神”附身的媒介。

用常绿的松树来迎接神明,以祈求家宅兴旺。

“注连装饰”是挂上各种各样装饰品、新年时用的“注连绳”(实际上是打成节的稻草绳)。

用桔子来装饰意味着家族代代兴旺繁荣,用海带来装饰意味着一家幸福快乐。

藉着悬挂稻草绳以区别内外,它意味着不让外面的脏东西进门。

门松,稻草绳一般是在27日或28日装饰在大门或正门上的。

“年初巡礼”--新年的第二天起,去拜访平日受到其照顾的亲戚朋友以及前辈,谢谢他们过去一年的照顾以及希望来年也一样互相来往,这样的一种拜访活动称为“年初巡礼”。

以前,“年初巡礼”是男性的事情,但现在也有很多人是夫妻一起出去“拜年”的。

初诣 元旦から3日までの三が日、多くの人は近くの神社にお诣りにいきます。

年が明けて初めのお诣りなので「初诣」というわけです。

东京の明治神宫や川崎大师など、有名な寺社は大変赈わいます。

1年间の家族の健康や商売繁盛を祈愿します。

初诣の作法は、さい銭を投げ、铃を鸣らし、拍手を3回打ってから、礼をします。

--译文:从元旦起到一月三日的三天称为“三贺日”,很多人都到附近的神社去参拜。

因为是过年后的第一次参拜,所以此参拜又被称为“初次参拜”(初诣)。

东京的明治神宫,川崎大师等有名的寺院和神社变得非常的热闹。

大家都是祈求来年合家健康,生意兴隆。

参拜的方法是先投入香钱,然后敲铃,最后拍三下手后敬礼。

※注:好好学习--什么样的读音都难不倒你的:)