日语机构网 学习杂谈 带着问题看文章,日语阅读掌握这些技巧

带着问题看文章,日语阅读掌握这些技巧

日语阅读通常在日语测试中占分比较高,不仅会考核单词和语法,甚至要求分析冗长而困难的句子。许多学生往往停在阅读部分,这会浪费大量时间,并直接影响其他部分的答案。今天,给大家介绍一些阅读日语的常用方法和策略。

带着问题看文章,日语阅读掌握这些技巧

日语阅读的常用方法和策略

1.带着问题阅读文章

阅读本文后,再回答问题是大部分人的习惯。实际上,这确实不是一个非常明智的方法。一般而言,可用作阅读理解的文章会比较长。如果您的阅读内容不是很可靠,那么当您阅读整篇文章时,我相信您已经忘记了具体细节,因此一定无法回答这个问题。阅读问题实际上可以使我们对文章更具目的性,并且通过主题的指导,您可以更轻松地找到文章的主要思想,这将极大地帮助您理解文章。

其次,答案全在文章中,不要根据自己的价值观选择答案

有些学生会选择与阅读问题无关的选项,而是由自己的价值观和想象力决定的。

例如,如果某个阅读文章的主题为“阅读”。在阅读本文之前,有些人会想到“阅读必须从头到尾阅读,这是一种良好的阅读习惯”。这些人最终将选择混淆的选项,并且不会获得积分。

接下来,我将介绍“解决阅读中的问题的5条技巧”。

提示1:对于带下划线部分的原因和内容的疑问,线索在带下划线的部分之前和之后。

解决问题的线索很少出现在加下划线的部分之外。在大多数情况下,可以通过阅读带下划线的部分旁边的“之前和之后”来找到问题的线索。尝试仔细阅读此相邻的“正面和背面”部分。

たとえば、重いものを持ち上げて運ぶとき、機械がなかった時代には人が行っていた。昔の武道を研究している人の話によると、これはそのころの人が今よりずっと力があったというわけではなく、のように体を使えば重いものを運べるかが分かっていたので、できたのだという。だが、今はそれが伝えられることもなくなりつつある。

问题:それはとは何を指すか。 (正解3)

1机械

2力のある体

3体の使い方

4人々の協力

实际用例分析:本文是一个典型的指代问题。术语“それ”用于检查读者对文章的理解。在大多数情况下,通过阅读带下划线的部分旁边的“之前和之后”,可以找到问题的线索。通常用于指代本文中的上一个或上一个主题。

提示2:一旦出现否定问题(“〜ではないだろうか。”),请特别注意。 “ Aではないだろうか。(不是A?)”的意思是“私はAだと思う。(我认为是A.)”,意味着提倡谨慎表达自己的观点。正是因为这是一种谨慎的表达,它反映了作者的真实话语和观点。自然地,它也是在能力测试中经常提出问题的地方。

コンピュータは他の機械とは本質的にちがっている。普通の機械はそれぞれ固有の目的のために作られていて、その他の目的のためには使えない。これに対して、コンピュータは計算をするだけでなく、他のいろいろな機械の働きを模擬することができる。そこでコンピュータは人間の知的活動を模擬することができるのではないかと考えて、これを人工知能研究と名づけ、人間への挑戦が始まった。

问题:“人间への戦”というのは,どのような意味か。 (正解3)

1人间の力とどちらが优れているか比赛すること

2机を支配する人する人间から自立する戦いをすること

3人间が持つ知能の働きに近づけようとすること  

4他の机械の働きも入れて人间の能上になること

实际用例分析:本文重点介绍人工智能的功能。 “对人类的挑战”这个问题意味着计算机可以模拟人类的智能活动。

提示3:一旦出现反连续词“しかし”,此后的文章就非常重要。为什么作者故意使用“しかし”来改变文章的方向?必须在任何文章的方向更改后说这些话,换句话说,因为存在作者的主张和意见。因此,“しかし”之后的文章非常重要。

提示4:一旦出现“〜とは〜”,即表示已定义的句子,请特别注意。定义单词是作者思考和随后逻辑发展的起点。因此,作者也非常注意定义有类似的字典定义和作者自己的定义,两者都很重要,在解决问题时,这些定义会带来很大的提示。

人间には、二通りしかない.まねをする人する人とまねをしない人しない人。まねをする人する人は、まねをじょうずにする人する人であるとは限らない。できる、できないではない.

する人する人

しない人しない人

の二つなのである。まねを「する人する人」というのは、こういう人だ。例えば犬がさ、腹を見せてさあと話すときに、腹を見せて、よろこぶ犬のようすを自分で楽しみながら実演する人する人のことである。鳥でも虫でもいい、また、人のまねでもいい。一つのようすを、顔や手、時に体全体をつかって、再現する人する人である。

問:本文中のまねを「する人する人」はどんな人か。(正解4)

1どんなことでも、 にまねができる人1どんなことでも、 にまねができる人

2犬や鳥や虫ほかの人のまねができる人2犬や鳥や虫ほかの人のまねができる人

3喜ぶ犬のようすを见てそれを楽しむ人

4自分がみたようすを體を使って視視する人する人

实际用例分析:本文的问题是考察对「する人する人」理解。文章中已经出现了“というのは”这种解释说明的词,所以只要顺着往下看便不难发现答案。

提示5:重复单词是关键字。特别注意包含关键字的句子。重复出现的单词是作者一直在考虑的单词。也就是说,作者考虑了关键关键词。因此,在包含关键字的句子中,经常有关键字的描述(=作者思想的描述)或作者的主张。因此,绝不能放任包含关键字的句子。

思春期を迎えた最近の子どもがストレスに弱いのは、それまでの発達過程で適度にストレスにさらされる経験を十分にへてこなかったことが深く関係している。しかもそれは、彼らが社会化を十分に遂げてこなかったことと等しい。というのも、10代前半までの子どもは、それまでの生活圏を出てより広い社会的文脈のなかでいかにして自己を実現させるかという課題に取り組むなかで、もっとも強くストレスを味わうからにほかならない。

问题:作者は思春期を迎を前の子どもにとってどんな経験が需求だと考えているか。 (正解1)

1家の外の社会で多くの社会问题に取り组む経験

2日々の生活の场で分开与走向き合うような経験

3広い社會の中で自分を鋼えることができるような経験

4日常生活无中间で个人で达段阶に応じた经场を顶う経験

实际用例分析:“ストレス”一词在文章中出现了很多次,实际上是在讨论抗压力弱的原因和对策。其中,提出“走出生活圈,在更广阔的社会环境中实现自我”。通过限制范围,可以排除2和4,并且3术语“运动”的细微差别与原始含义不匹配。

专注日语高效学习——关注公众号:和道日语

本文来自网络,不代表日语机构网立场,转载请注明出处:https://www.hnrmb.com/post/62736.html

作者: 日语机构网

上一篇
下一篇
返回顶部