日语机构网 学习杂谈 日本人都不会读的那些罕见日本姓氏

日本人都不会读的那些罕见日本姓氏

読めたらすごい、珍しい苗字シリーズのお時間です!今回のお題は全部で4つ。みなさんは読むことができるでしょうか?読めたらすごい難読苗字、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

今天是难读又罕见的姓氏系列!这次一共有四个题目。来看看你会读吗?请一定尝试挑战读一下这些难读又罕见的姓氏呢。

釜萢

日本人都不会读的那些罕见日本姓氏

一問目のお題は「釜萢」。「萢」が難敵ですが正解は…「かまやち」さんです。「萢」とは谷間の意味で「釜萢」さんは青森県に多く、全国では500人ほどしかみられないとのこと。一般的には「かまやち」ですが、ムッシュかまやつさんのように「かまやつ」と読む場合もありますよ。

第一个问题是「釜萢」。「萢」是一个很难读的字,但正确的答案是「かまやち」。「萢」是山谷的意思,这个姓氏多在青森县,全国仅有500人。通常,它是读作「かまやち」,但可以像ムッシュかまやつ一样读作「かまやつ」的场合也有。

春夏冬

日本人都不会读的那些罕见日本姓氏

続いては「春夏冬」。これは読めたらすごいレベル!「春夏冬」の読み方は「あきなし」さん。「秋」だけないのがその由来です。飲食店の「春夏冬中」という看板を読める方は答えられたでしょう。ちなみに「春夏冬中」は「商い中」と読みますよ。

接下来是「春夏冬」。如果能读的话,那真的是很厉害了!「春夏冬」读为「あきなし」。起源是不仅有“秋天”。那些可以在餐厅阅读「春夏冬中」标志的人会回答。顺便说一句,「春夏冬中」被理解为“在营业中”。

七五三

日本人都不会读的那些罕见日本姓氏

三問目は「七五三」さん。だんだんクイズのようになってきましたね。正解は…「しめ」さん。由来はしめ縄からきていて、ぶら下げた縄の本数が七・五・三本だったということ。「注連縄」ではなく「七五三縄」とも表記されていたようです。全国で「七五三」さんはおよそ600人ほど。こちらも一筋縄ではいかない珍しい苗字ですね。

第三个问题是「七五三」。渐渐的越来越像一个猜谜了呢。正确的答案是「しめ」。起源是由「しめ」绳索产生的,悬挂绳索的数量为7、5和3。似乎它也被写为「七五三縄」而不是「注連縄」。全国大约有600人叫「七五三」。这也是一个罕见的姓氏呢。

浮気

日本人都不会读的那些罕见日本姓氏

最後は誰もが知っている「浮気」さん。この苗字、もちろんそのまま読んだら不正解!「浮気」さんは一般的には「うき」「ふけ」または「うきぎ」「うきげ」と読まれ、全国におよそ150人いらっしゃいます。滋賀にある守山市浮気(ふけ)町の地名や浮き上がる水蒸気が由来といわれる珍しい苗字です。読み方が多いのも特徴的ですが読み間違いしないように気を付けたい苗字でもありますね。

最后是众所周知的「浮気」先生。当然,如果你照原样读此姓氏,那是不正确的!「浮気」通常读作「うき」「ふけ」或「うきぎ」「うきげ」,并且在全国范围内大约有150人。这是一个罕见的姓氏,据说源于滋贺县守山市浮気町的地名和漂浮的水蒸气。它的特征是有很多读法,但它也是一个姓氏,请注意不要误读。

とっても珍しい難読苗字のご紹介でした。日本にはまだまだ知らない変わった苗字がたくさんありますので、次回の苗字シリーズもお楽しみに!

这是一个非常罕见的混淆姓氏的介绍。在日本,还有我们尚不知道的许多不寻常姓氏,请继续关注下一个姓氏系列啊!

本文来自网络,不代表日语机构网立场,转载请注明出处:https://www.hnrmb.com/post/77086.html

作者: 日语机构网

上一篇
下一篇
返回顶部