1. 日语机构网首页
  2. 儿童日语

幼儿日语故事推荐

                       

现在越来越多的家长们让自己家的孩子开始尽早的接触日语希望通过这样的方式让孩子能在小的时候就达到一个很高的日语水平,那么在学习日语的时候,很多家长都会选择给孩子接触一些幼儿日语故事,那什么样的幼儿日语故事更适合初学日语小朋友们呢?我们家长又该如何运用这些日语故事帮助我们的孩子进行日语学习上的进步呢,小编一起来看看吧。

幼儿日语故事推荐

蟹のしょうばい

蟹がいろいろ考えたあげく、とこやをはじめました。蟹の考えとしてはおおできでありました。

ところで、蟹は、

「とこやというしょうばいは、たいへんひまなものだな。」

とおもいました。と申しますのは、ひとりもお客さんがこないからであります。

そこで、蟹のことやさんは、はさみをもってうみっぱたたやっていきました。そこにはたこがひるねをしていました。

「もしもし、たこさん。」

と蟹はよびかけました。

たこはめをさまして、

「なんだ。」

といいました。

「とこやですが、ごようはありませんか。」

「よくごらんよ。わたしの头に毛があるかどうか。」

蟹はたこの头をよくみました。なるほど毛はひとすじもなく、つるんこでありました。いくら蟹がじょうずなことやでも、毛のない头をかることはできません。

蟹は、そこで、山へやっていきました。山にはたぬきがひるねをしていました。

「もしもし、たぬきさん。」

たぬきはめをさまして、

「なんだ。」

といいました。

「とこやですがごようはありませんか。」

たねきは、いたずらがすきなけものですから、よくないことを考えました。

「よろしい、かってもろおう。ことろで、ひとつやくそくしてくれなきゃいけない。というのは、わたしのあとで、わたしのお父さんの毛もかってもらいたいのさ。」

「へい、おやすいことです。」

そこで、蟹のうでをふるうときがきました。

ちょっきん、ちょっきん、ちょっきん。

ところが、蟹というものは、あまり大きなものではありません。蟹とくらべたら、たぬきはとんでもなく大きなものであります。その上たぬきというものは、からだじゅうがけむくじゃらであります。ですから仕事はなかなかはかどりません。蟹は口から泡をふいていっしょうけんめいはさみをつかいました。そして三日かかって、やっとのこと仕事はおわりました。

「じゃ、やくそくだから、わたしのお父さんの毛もかってくれたまえ。」

「お父さんよいうのは、どのくらい大きなかたですか。」

「あの山くらいあるかね。」

蟹はめんくらいました。そんなに大きくては、とてもじぶんひとりでは、まにあわぬと思いました。

そこで蟹は、じぶんの子おもたちをみなとこやにしました。こどもばかりか、まごもひこも、うまれてくる蟹はみなとこやにしました。

それでわたくしたちが道ばたにみうける、ほんに小さな蟹でさえも、ちゃんとはさみをっています。

不知道今天小编给大家带来的这些幼儿日语故事书家长们有没有收到呢?这些日语书中的内容很适合小孩子读,而且单词都是比较常见的,心动的话就赶紧点击下方链接进行购买吧。

原创文章,作者:日语机构网,如若转载,请注明出处:https://www.hnrmb.com/post/497.html

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注